Shiva's art 【Shiva's art】ではオリジナルの油絵作品の制作・販売をしております。皆様の日常を彩るお部屋やお店のインテリアとして、世界で一枚の絵を飾ってみませんか?ここでしか手に入らない様な個性的な作品の中から、是非お気に入りの一枚を探してみて下さい。オーダーなどのご依頼も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

【油絵初心者】余った絵の具の活用方法

余った油絵の具を活用しよう!

 

 

こんにちわ! Shiva’s artオーナーのShivaです!

独学で油絵の制作と販売を行っております。

 

 

パレットに油絵の具を出し過ぎてしまったり、思っていたより絵の具を使わなかったりなどなど。。

 

予想外に絵の具を余らせてしまうことは、絵を描く人ならよくあることです。

 

しかし、そこで絵の具を捨ててしまってはもったいないです!

 

 

今回は油絵初心者様に向けて、余った絵の具の活用方法をご紹介します!

 

 

油絵の具は他の絵の具よりも少々お高いですから、なるべく大切に使えるように参考にしていただければ幸いです。

 

 

余った油絵の具を活用しよう!~絵の具の保存~

 

 

 

パレットに乗せたままにしておくと絵の具は当然乾いてしまいます。

 

乾きを少しでも遅らせる手軽な方法として、ラップを被せて冷蔵庫で保存します。

 

 

絵の具を保存するときは食べ物と同様にその鮮度を保つ工夫が必要なのです。

 

ラップでパレットごと包むことで空気との接触を防ぎ、酸化の進行を遅らせます。

 

また、保存環境の温度が高いほど乾きが早くなるので、常時低温の冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。

 

 

実際にラップを被せたときの効果を確認しました。

 

写真はバーントシェンナとアクアマリンを室内で3日放置したものになります。

 

左側はそのまま、右側にはラップをかけました。

 

 

ラップをしていないバーントシェンナは絵の具の表面が固まって膜状になっていました。

 

 

対して、ラップを被せた方は乾燥していませんでした。

 

(今回使用したバーントシェンナの目安乾燥時間は2日、アクアマリンは7日)

 

ラップで包むのが面倒に感じるなら、絵の具を乗せているもののサイズにもよりますが、大きめのタッパーに入れてそのまま冷蔵庫で保存という方法もありですね。

 

(水の入った瓶内に絵の具を落として保存する方法もあるらしいのですが、私は試したことがないのでここでは割愛します)

 

 

余った絵の具を活用しよう!~下地塗りに応用~

 

パレットの絵の具をもう使う予定がないなら、次に描く絵の下地に用いるのはいかがでしょうか?

 

少し乾く時間がかかりますが、捨ててしまうよりずっと良いですよね。

 

いろいろな絵の具を塗り重ねるだけでも良い見た目になりますよ♪

 

 

 

おわりに

 

絵の具の中でも油絵の具は比較的単価が高いので、少しでも有効に使いたいですよね。

 

私は描いてる途中に作った色が足りなくなるくらいなら、多めに作って余らせた方が良いかなぁと思いますが、やはりなるべく使いきってあげたいです。

 

今回の内容で少しでも皆様の制作に役立てば幸いです。

 

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

よければ当店Shiva’s artも覗いていってくださいね♪

 

https://shivasart.net/

 

関連情報

OIL PAINTING ONLINE STORE | Shiva's art

Shiva's art

【Shiva's art】ではオリジナルの油絵作品の制作・販売をしております。
皆様の日常を彩るお部屋やお店のインテリアとして、世界で一枚の絵を
飾ってみませんか?ここでしか手に入らない様な個性的な作品の中から、
是非お気に入りの一枚を探してみて下さい。オーダーなどのご依頼も
承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

屋号 Shiva's art
住所 〒152-0035
東京都目黒区自由が丘 2 16 12 LC1F
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定休
代表者名 柴田 祐二(シバタユウジ)
E-mail info@shivasart.net

コメントは受け付けていません。

特集